知っておこう!薬の分類

>

医薬部外品も知っておこう!

医薬品と医薬部外品

そもそも、医薬品と医薬部外品の違いはなにかご存知でしょうか?

簡単に言えば、医薬品よりも効果が緩和であり、予防や衛生のために使うものを医薬部外品と呼びます。
医薬品は病気の治療を目的とし、厚生労働省から有効成分の効果を認めれています。
対して医薬部外品は、効果が認められている有効成分が一定の濃度で配合されています。
すなわち、医薬品ではないけれど、医薬品に準ずる効果のあるもの、ということです。
比較的安全性が高く、医薬品から移行したものもあります。

医薬部外品には、制汗スプレーやハンドクリームなどの日常的な不快感を抑えるもの、殺虫剤、医薬品に近い効果をもつ胃薬やビタミン剤などが含まれます。

また、薬用という表記のあるものも、医薬部外品に含まれます。
例えば薬用歯磨き粉、薬用シャンプーといった商品も、医薬部外品であるということです。

医薬部外品で衛生管理と予防をしよう

最後に、医薬部外品をもっと有効に活用するために注意すべきことをご紹介したいと思います。

女性の方のほとんどが、仕事や出かける際にお化粧をするかと思います。
では、今使っている化粧品が薬用であるかどうか気にしたことはありますか?
あまり違いを気にしていない方もいらっしゃると思いますが、実は大きな違いがあるのです。
化粧品とは、主に美容を目的としています。
医薬部外品よりも、さらに作用が緩やかになります。
しかし、化粧品とは医薬品でもなければ医薬部外品でもありません。
つまり、場合によってはその化粧品に美容効果が本当にあるかどうかが分からないのです。

対して薬用化粧品はご説明した通り、医薬部外品に相当しますので、有効成分の効果が法律によって精査され、保証されています。
すなわち、ある程度の効果が期待できるというわけです。

化粧品と薬用化粧品は、有効成分が表記されているかどうかでも判断することができます。


この記事をシェアする