知っておこう!薬の分類

>

様々なお薬、どこまで知ってる?

リスクの高い要指導医薬品

薬剤師が販売する義務を負っている薬は、要指導医薬品と、第一類医薬品と分類されるお薬です。

要指導医薬品は、販売するときは薬剤師が必ず薬の購入者の症状や容体などを聞き、対面での指導と書面による薬品の説明が義務付けられています。

要指導医薬品の中には一般用になって間もない薬や、毒薬、劇薬など、一歩使い方を間違えれば命に関わるものも含まれるため、注意が必要なことが分かります。
薬局などでも、一般の購入者が自由に手に取ることができないような場所におき、薬剤師が不在の場合にはひもや布などで隠すなど、厳重に保管されています。

要指導医薬品の例としては、一部のアレルギー治療薬、むくみ改善薬などです。

要指導医薬品を購入する際は特に、注意して薬剤師の話を聞く必要があります。

通販もできるようになった第一類医薬品

第一類医薬品に分類されるお薬は、一般医薬品の中では最もリスクが高く、購入する際は要指導医薬品と同じく薬剤師の指導を必要とします。
お薬の例としては、胃腸剤、ニコチン貼付剤、一部の育毛剤が挙げられます。

平成26年に薬事法及び薬剤師法の一部が改正され、これまで通信販売が不可能であった第一類医薬品と第二類医薬品のネット上での購入が認められました。

第一類医薬品の通販の際は、購入しようとしている薬が購入者に適切であるかどうか、ネット上で必ず確認を行います。
購入者の状態や症状などを調査するために、最初に簡単な質問に答えてもらい、その結果に対して薬剤師は薬を使用してもよいかどうかや、使用方法、副作用の説明をメール等で送信します。
このようにして、安全に通販での第一類医薬品の購入が可能になっているのです。


この記事をシェアする