知っておくと便利?医薬品の分類

知っておこう!薬の分類

様々なお薬、どこまで知ってる?

私たちが普段病気になった際、薬局やコンビニで簡単にお薬を買うことができます。 しかし取り扱いに気をつけなくてはならないお薬は、薬局で自分で勝手に購入することはできず、必ず薬剤師さんを通して購入しなければなりません。 まずはそういった、特に扱いの難しいお薬についてご説明します。

一般的な医薬品

このページでは、ドラッグストア等で処方箋無しで購入できる一般的な医薬品たちをご説明します。 例えば、捻挫や打撲の際につける湿布や、美容、健康のために服用する方も多いビタミン剤もこの分野に入ります。 私たちが最も利用することの多いお薬がたくさん含まれているので、ぜひ覚えてみてください。

医薬部外品も知っておこう!

医薬品と言っても、もちろん体内に取り込む錠剤や粉薬だけを指すものではありません。 肌の表面に塗布するもの、体内に直接は取り込まないが口に含むものもあります。 そういった商品と、薬用化粧品や薬用石鹸などは医薬部外品と分類されます。 このページではそういった、医薬部外品についてご説明します。

薬剤師から購入する薬とは?

私たちは、普段生活をしているとしばしば病気になることがあります。
その病気の程度によっては、病院で医師に診てもらうこともありますよね。
しかし、風邪など比較的症状の軽い病気では、市販のお薬を使用して治療していくと思います。

最近のお薬は、症状に対してすぐに効果が現れたり、眠くなる成分が入っていなかったりと、多様なお薬が開発されています。
そういったお薬は、毎日忙しく働かなくてはならない私たちにとって、本当に便利でありがたいですよね。

では、あなたはそういったお薬の分類を、どこまできちんと知っていますか?
複雑そうで案外知らない、という方も多いのではないでしょうか。

例えば同じ風邪薬でも、ドラッグストアやコンビニなどで薬剤師を通さずとも買えるものと、医師に処方してもらうもの、薬剤師が調剤してから購入するものがあります。
これらの違いは何か、考えたことがあるでしょうか。

それは、薬が症状を改善する効果を示すとともに、副作用というリスクも併せ持つものであることに関係しています。
薬の分類は、効き目ではなく、成分ごとの副作用によって分けられているのです。
この成分も、副作用のリスクや市販薬としての使用経歴など、様々な条件を見比べて分類されています。

副作用とは、本来の目的とは別に現れる作用のことです。
例としては、眠気や下痢、重いものではアレルギー反応が現れることもあります。

このサイトでは特に、医師に処方してもらう必要のある医療用医薬品ではなく、私たちがより身近に購入する機会のある要指導医薬品と一般用医薬品の分類について、難しい用語を使わずに詳しく説明していきます。

おすすめリンク

電子カルテを導入すると大変?

新しいことを始めるのには不安がつきもの。電子カルテを導入すると大変?使い勝手はいい?

松戸駅近くのとある歯科

多くの技術を取り入れて根本的な治療を目指しています!松戸駅近くにある歯科の情報を掲載

定期検査で愛犬の心臓病を見抜く

愛犬が健やかに生活できるように定期検診は必須!怖い心臓病も初期なら完治できると知っていますか?

梅田の矯正歯科ランキング!

矯正歯科のランキングなんてあまり見たことない?梅田を中心に歯科をピックアップして徹底分析中!

埼玉にある噛み合わせ治療ができることろ

埼玉で検索!お口の健康、気にしていますか?個人に合わせた噛み合わせ治療が全身の健康へ導きます。